オンライン指導する家庭教師の声

VOICE オンライン指導する家庭教師の声

地方の生徒たちは、すごく損をしている。
地方の塾は、早稲田とか同志社とか、
私大個別の入試対策の弱さがめだつ。
受験情報の地域格差、私が解消します。

慶応の法学部と商学部では、
入試傾向が、ぜんぜん違うのに。
子も親も先生も、わかっていない。
僕にまかせて欲しい。

地元の国公立大がいち押しなんですね。
地方の塾や学校は、結局。
これじゃ、私大希望の子どもがかわいそう。
子どもの夢がつぶれる。私が夢をかなえたい。

講師

地方の生徒たちのけなげさに、
手を差しのべたくなった。
17歳がひとりぼっちで戦っている。
大人は誰も、私大合格への戦略を教えない。
丸ごしで戦場へいくようなもの。

地方のまちの受験生は、
素振りばかりしている野球部みたい。
早稲田の有効対策にはなりえないような、
基礎練習にあけくれている。

高校生なのに、まるで会社員のよう。
通塾時間の長さに、勉強時間と気力を
奪われている。都会の子よりかなり不利。
オンラインで教えればきっと逆転できる。

講師

お母さんの苦労を聞きました。
塾への送り迎え、まっ暗なクルマの中で、
90分待つそうです。言葉がでなかった。
でも思った、この子を絶対合格させるって。

離島の生徒、20年前の私だと思った。
私も田舎育ちで、合格への近道に無知だった。
上智、まかせといて。とっておきの
受験対策を、きみに贈るから。

オンラインの方が、質問しやすいよ。
生徒がそう笑った。
ネット指導は、これからの主流です。

採用強化ポジション
メガスタディオンライン