NEWS

家庭教師事業

教育業界で日本初 「離島割引」を開始・オンライン家庭教師事業

2018.3.20

教育業界で日本初 「離島割引」を開始・オンライン家庭教師事業

利用者第1号は沖縄県の離島の高校生
大学入試の地域格差の解消に貢献します

 

弊社で運営するインターネット家庭教師サービス『私立大学受験専門・家庭教師メガスタディオンライン』は、2018年3月19日より、教育業界では日本初となる「離島割引」サービスを開始しました。離島地域に住む受験生は入会金通常15,000円が半額となります。

家庭教師メガスタディオンラインの「離島割引」の詳細はコチラ

 

◆日本の離島は6852島、少子化と教育格差の拡大が進む 

日本の離島の数は6852島、そのうち人が住んでいる有人島は418島。昭和30年から平成22年までの人口の推移をみてみると、離島の人口は5割以上減少、さらに高齢者比率も33%となっており、少子高齢化と人口減少により予備校・塾などはほとんどなく、教育環境は都会とは歴然とした差があるのが現状です。 

 

※国土交通省の資料(平成28年5月25日開催国土審議会第14回離島振興対策分科会配布資料「日本の島嶼の構成」等より引用 

 

◆オンラインで教育格差を解消 

予備校・塾のない離島地域の受験生でも、早慶上智MARCH・関関同立などの難関上位私大に多数実績を出している東京のトップレベルのプロ家庭教師の授業をオンライン上で受けることができ、教育格差の解消が実現できます。 

 

◆教育業界では日本初の「離島割引」 

離島居住者に特化した優待サービスとしては、航空業界ではJAL(日本航空)の「離島割引」、ANA(全日空)の「沖縄アイきっぷ」などがありますが、塾・予備校・家庭教師などの教育業界では日本初。そもそも人口の少ない地域では、校舎や教室の業態は採算が合わず、物理的に講師の派遣もできないので、インターネットを活用したオンライン家庭教師ならではの割引サービスと言えます。 

 

【事例紹介】  

沖縄県の某離島からオンライン家庭教師を受ける大城さん(仮名) 

1000km以上離れた東京のプロ家庭教師とネットでつながる。 

 

 

今回、「離島割引」の利用者第1号として、沖縄県の某離島在住の大城さん(仮名)がオンライン家庭教師の授業を開始している。大城さんは、私立大学進学を志望する高校生。 

地元には予備校・塾もなく、ネットで見つけた家庭教師メガスタディオンラインに大学受験指導を依頼することになりました。 

 

大城さんの場合、当初は島のネットインフラの問題があり、授業開始できるオンライン環境が整わなかったため、一度は指導開始を断念かけました。 

 

ですが、「東京の先生の授業が受けられない」と酷く落ち込んだ大城さんの様子を聞き、メガスタディのスタッフが奮起。保護者の方のご協力もいただき、ネット回線の改善を行い、何とか授業開始にこぎつけました。 

今後は、来年の大学入試に向けてプロ家庭教師の授業を受けて志望校合格を目指します。 

 

 

家庭教師メガスタディオンラインの「離島割引」の詳細はコチラ

一覧に戻る

to top