代表メッセージ

教育と学びの、
新しい風になります。
新しい学び方
開発カンパニーです。

Develop It!

代表取締役社長 山田博史

代表取締役社長 山田博史

はじめまして。代表取締役社長の山田博史(ひろふみ)と申します。
私は、1995年12月に、
株式会社シンドバッド・インターナショナルを設立しました。
住友銀行で7年間お世話になったあと、30歳での起業でした。
創業時、私には一つの決意がありました。
「教育ビジネスの先行者たちを、手本にはしない。
新風を吹き込むイノベーターになる」という強い思いです。

当社は、単に教育・学びビジネスで
成功することをめざしたわけではありません。
このフィールドは、社会にとって必要不可欠な
公共価値の高いサービスですが、
その安定性ゆえか、サービス改革力が停滞しがちでした。
この状況は社会的な損失であり、ここを改善することで、
『学びたい人々』の向上心に報いたい。そう考えたのです。

そこで、家庭教師サービスを始めるにあたって、次の3つを決心しました。

● 安い料金や無料体験をうたって、
契約時に高額なテキストを売り込むようなことはしない。

● 半年とか年間契約とか、いわゆる長期の家庭教師契約を結び、
解約を申し込まれたら高い違約金を徴収する、というやり方もしない。

● 透明でシンプルな『月謝制』で、儲かる仕組みではなく、
お客様に満足いただける仕組みを、まっすぐめざす。

この3つです。

教育や学びの受け手であるお子さんやご家庭、あるいは大学生や社会人。
その視点だけを手掛かりに、
どんなサービスだったら満ち足りていただけるか。
どんなホスピタリティーがあれば、期待を上回れるか。
ただそれだけを、前例にとらわれないゼロ思考で考えぬきました。
結果、当社の教育・学びサービスは、
他社とは似て非なる独自性を手に入れることができた、と自負しています。

当社の基盤事業は、首都圏の激戦区で磨きあげた『家庭教師事業』。
首都圏最大級の合格実績を誇り、
中学・高校・大学・医大受験のすべてをカバーしています。
学習効率と効果が高い独自の学習理論を有するだけではなく、
生徒をモチベートするサポート力、
ご家庭を安心させるホスピタリティーも併せ持つところが特長です。
このFace to Faceのノウハウと学びインフラが、累計2万世帯超分、
家庭教師1万5000人分あり、現在も拡大しつづけています。

これらをリソースに、現在、第2の柱となる新事業創出にも注力しています。
ネット教育サービス<スタディ・タウン>です。
つまり、このサービスの特長は、いわゆるEラーニングを超えた
『高度な学習ノウハウのネットサービス化』にあります。
<スタディ・タウン>の活用で、日本中の誰もが、
どこにいてもお値ごろに手に入れることができる学習コンテンツは、
主に次の3通りです。

1.これまで一部の生徒だけが独占していた、
市場価値の高い一流の家庭教師たち。
そんなプロが、10年20年30年かけて編み出した画期的な学び方。

2.高い学習効果が実証されているのに、残念ながら普及せず、
世の中に埋もれてしまっている宝のようなすばらしい学び方。

3.受験のみならず、社会人からの支持が急増中の英語習得法。

これらのハイバリューなコンテンツを、地域格差や家庭の経済力の格差、
学習塾、予備校のような受講時間帯の制約を超えて、
日本中に、フェアに、リーズナブルに、届けているのです。

私たちが営む両事業が提供する本質的価値。
それは、学校も、塾も、予備校も教えてくれない。
世の中に広く流通する学習書籍にも書いていない。
類似のサービスでも扱っていない。
そんな画期的で鮮やかな発見がある学びだけを、日本中に提供すること。
他では得られない「学びの楽しさ」と「学習効果」を提供すること、です。

『人をびっくり伸ばす。新しい学び方を開発する。世に新風を放つ。』
私たちシンドバッド・インターナショナルの挑戦は、
これからさらに加速していきます。

to top